再生因子美容(ジェネティックファクター)

最先端医療から生まれたケアー

細胞へアプローチ

ジェネティックファクターとは

幹細胞から分泌されるサイトカインという数百種類のタンパク質の総称を言います。
幹細胞は体内にもともと存在し、壊れた細胞を修復する役割があります。
ジェネティックファクターのなかのひとつの成分としてEGFやFGFに代表される成長因子があります。
細胞の修復には単一の成長因子だけでは不可能であり、ジェネティックファクターとしてミクスチャーで使うことで初めて、その働きに作用することが最新の研究でわかってきました。

whats_01

原料

プレンツェルの主原料であるジェネティックファクターは、ブタ由来幹細胞を培養後、遠心分離によりとりだした大変貴重な上澄み液からつくられます。また、成長因子に代表されるEGFのほとんどは液体培養なのに対し、ジェネティックファクターは接地培養しています。

whats_02

安全性

ジェネティックファクターは、ブタ由来幹細胞を国内の医療レベルのクリーンルームで培養し、ウィルスフリーテストをはじめ医療と同レベルの数多くの検査を行い、安全性テストをクリアしているので安心してお使いいただけます。最先端の研究所からうまれたものだからこそ今までの化粧品ではできなかった壁を超えました。

whats_03

品質管理

ジェネティックファクターは、クオリティコントロールされた原料を用い、化粧品製造レベルをはるかに超えた、厳しい管理基準を持ったクリーンルーム内で凍結乾燥機を用いての製造を行なっています。通常熱処理するのが一般的な化粧品の滅菌処理ですが、ジェネティックファクターはタンパク質のため、凍結乾燥することで高品質を担保しています。